ニキビ跡よサヨナラ!更なる悪化を防ぐためには

間違ったスキンケア方法はしていませんか?

ニキビの原因と言われるのは、皮脂によって毛穴が詰まることにあります。しかし洗いすぎてしまうことにより必要な皮脂まで取り除く事により体が皮脂を出すように命令し、必要以上に皮脂を分泌してしまうので、ニキビが起こりやすくなってしまいます。

ニキビ跡を潰してしまうことで起こること

ニキビができたら潰してはいけません。ニキビを潰してしまうことで雑菌も入りやすく、更に悪化してしまいがちです。ですので潰さずにたっぷりの泡でニキビ部分をなぞるように優しく丁寧に洗顔することをおすすめします。

ニキビを作らないためには内側からも働きかける

外側だけのケアでは限界があります。普段の食生活から見直してみましょう。脂肪分の多いものや甘いもの、アルコールは特に注意が必要です。そしてできれば食べる時間帯なども考えるべきでしょう。控えてすぐには効果はでませんが、地道に行うことが大切です。

ニキビができてしまったら化粧は控えましょう

ニキビ跡として残る場合は大抵、ニキビが悪化することにより起こります。ニキビができてしまったらなるべく触れないことです。そしてファンデーションにはたくさんの油分が入っており、その油分が患部から入り込んで悪化してしまうことがあります。なるべく化粧をしないことをおすすめします。

できてしまったニキビ跡、エステで解決できるのか?

ニキビ跡と言ったら、医療機関で治療することが一般的でしたが最近では多くのエステサロンでもニキビ跡の施術は可能になっています。ピーリングという方法になりますが、肌の角質と呼ばれる老廃物を溶かすことによりニキビ跡を改善させることができます。美容効果も期待できるのでケアしながら綺麗な肌を実感できるでしょう。

美容皮膚科では、ケミカルピーリングをおこなったりレーザーを照射したりすることでニキビ跡の治療を進めていきます。