実は案外多い!?ワキガってどういう病気なの?

ワキガってどうして臭うの?

みなさん、ワキガはご存知でしょうか?主に脇から発生する独特の臭いのことです。臭いの例えとしては、ネギや玉ねぎの臭い、酸っぱく発酵したような臭いとも例えられます。その臭いも人によっては様々です。そもそもどうしてなってしまうのでしょうか?人間の脇には、アポクリン腺と呼ばれる汗を出す器官があります。そこから出てくる汗を最近が食べることにより、異臭を発生させているのです。ただ、汗は誰でもかくのに、臭いがしない人もいますよね。アポクリン腺から出てくる汗はワキガの原因とはなりますが、汗自体には全く臭いがありません。しかも、アポクリン腺は臭いがしない人でも持っています。臭いがする人との違いは、そのアポクリン腺が生活習慣、遺伝によって活発に働くかどうかなのです。なのでワキガは病気であるとも言い切れません。

ワキガってどうやって直せばいいの?

特に夏場になると服も薄くなるので余計ワキガの臭いが気になりますよね。すぐに治せるわけではありませんが、一時的に臭いを止める方法としては、脇に制汗剤を塗り、原因となる汗を出さなくする方法やワキガ専用のクリームを塗ること、またはひどい時は病院で治療すると言う方法があります。最近では1000円前後で脇専用の制汗剤が売られています。それを数時間たびにこまめに塗ることにより、ワキガの臭いを一時的に止めてくれます。病院などの治療はかなり費用が必要であるため、重度のワキガの方でない限り、初めは専用の制汗剤やクリームを使用して様子を見ることをお勧めします。また生活習慣によって臭いが軽減することがあるので、ストレスをため込んだり、暴飲暴食、睡眠不足を減らし、健康的な生活を心がけてみましょう。

わきがとは、脇から発せられる体臭です。アポクリン腺という腺が脇には多く存在することから、きつい匂いを発してしまいます。