健康診断は受診すればいい!?受診後の管理が一番大事

採用する時の健康診断

企業が新卒の学生を採用する際には履歴書等の選考書類の他に、卒業証明書、成績証明書と一緒に健康診断書を提出してもらいます。適性検査の結果や面接の結果が良くても長く働いてくれことを期待して企業は採用します。そのため病気を持っている人や大病を抱えている人の採用については慎重になります。また持病を持っている人の場合には、その配属先や勤務体制について配慮をする必要もあります。そのために新規で雇用する際には健康診断書を提出してもらいます。

定期健康診断で社員を管理

このように企業としては採用した人には長く働いてもらいたいと考えますし、勤務についても考慮する必要もあります。雇用して働き続けていく間に病気になる場合もあります。そのため人を採用した場合には毎年定期的に健康診断をおこなう必要があります。これは企業にとっては義務です。しかしながら社員の中には健康診断を面倒に思い受診しない人もいます。そのため定期健康診断の担当部署は社員ひとりひとりが受診するように声掛けや管理をする必要があります。

健康診断の結果も管理する

また定期健康診断を受診させるのが企業の使命ではなく、社員の健康管理が重要です。毎年の各社員の結果を確認して、二次検査が必要な社員に対しては二次検査や精密検査を受診させるように仕向けますし、受診の有無を確認します。基本的には定期健康診断が企業の義務になりますが二次検査の受診までは企業が面倒をみる必要がありませんが、社員に健康で長く働いてもらうには最後まで管理する必要があります。それが社員に長く働いてもらうための秘訣になります。

健康診断なら千葉で受けると、安心して受診できる病院がたくさんあります。一般の健康診断はもちろん人間ドックなども受けることができます。